代表挨拶greeting

一つの道を極めたものは、
すべての道に通じる。

この度は、株式会社竹上建設のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

現、株式会社竹上建設は個人事業にて創業以来、
武士道「一つの道を極めた者は、すべての道に通じる」をモットーに、
橋梁工事や型枠工事を主体にした建設事業、そして飲食事業と
「橋・道・食」を通じて、人と人を結ぶ事業を行っております。

高校卒業後、サラリーマンを経験しましたが「手に職をつけたい」との思いから、
夢を描き、21歳でこの業界(型枠大工)に入りました。
勝ち負けにこだわり、仲間と切磋琢磨し、無我夢中で働いて参りました。

一度きりの人生を目一杯生きていく。
何があっても諦めず、しんどい時を乗り越えてこそ、
人を成長させていくと常に言い聞かせ、自らを鼓舞して参りました。
そして1995年(平成7年)6月、24歳の時に従業員3名で「竹吉建設」を創業しました。

マンション等の型枠工事を中心に数多くの現場に携わり、時には厳しい現場も経験しましたが、
難しいことをやることで、自分や職人たちの腕が上がると心を入れ替え腐らずに、
社員全員で一致団結し、ひたむきに努力を重ねてきました。
あるご縁から、内灘サンセットブリッジ(内灘大橋)の現場に入り、これが橋梁の仕事の第一歩でした。
その次に羽咋邑知潟橋の仕事をを手掛け、本格的に橋梁屋としてスタートしました。

内灘大橋

「全員で上を目指す」という意味を込め、2001年(平成13年)6月に
社名を「竹吉建設」から「有限会社竹上建設」へと法人化し、
2003年(平成15年)には中部国際空港連絡橋、第2東名高速道路と
県外の現場も手掛けさせていただくまでになりました。
その後も、関西圏、中部、北陸の各現場をこなしてきました。
さらに2006年(平成18年)10月には、とんかつ専門店「かつや」の
フランチャイズ経営と飲食事業もスタートさせ、現在は3店舗を展開しております。

現在は能美市に拠点を構え、さらなる高みを目指し、
2018年(平成30年)6月、有限会社から株式会社に改め、
「株式会社竹上建設」として新たなスタートを切る運びとなりました。
建設、土木、飲食事業で働く従業員やお客様も含め、皆様が安全であり安心をしてもらう企業であり、
社員一同仲間意識を強くもち、常に一人ひとりが輪の中心的人材になる様に
人材育成を目指し地域にしっかりと密着し、皆さまから愛される会社を目指します。

代表 竹吉大

代表
竹吉大

竹吉道場

代表が運営する道場のご案内

ページトップへ